人気記事

広告

記事検索

MOVION.netについて

WEB技術に関することや、気になるWEBサイトなどについて個人的なメモを残すためのブログです。

その他運営サイト

かかわっているサイト

2008年05月8日(木)

Smoke Effect Tutorialを実際にやってみた

元ネタはこちら http://www.tutorialguide.net/smoke_effect_tutorial.html

フォトショップで、煙効果。おもしろそうだったのでやってみたが、なかなかうまくいかず。 手を抜こうと思ったのが駄目だったみたい。 というわけで、適当に日本語にしてみた。

STEP 1

適当なサイズで背景を黒にして新規画像作成をする(この効果は背景黒がベストだと思う)。で、”多角形選択ツール”を選択し、新規レイヤーに以下のような適当な形を描く。(色は何でもいいけど暗すぎるとだめかも) smoke-eff01.jpg

STEP 2

レイヤースタイルの「光彩(内側)」で、描画モードを「ビビットライト」とかを選択し、エレメントのサイズも適当に調整して、以下のような感じにする。

smoke-eff02.jpg

smoke-eff03.jpg

STEP 3

さあ、霧っぽくしていくよ。”フィルタ>変形>波形”パラメータはデフォルトのままで「OK」を押す。

smoke-eff04.jpg

smoke-eff05.jpg

STEP 4

変な形になったら、すかさず”編集>「波形」をフェード”を選択。で不透明度は50%くらいに。
あとは、STEP3、4を良いと思える感じになるまで繰り返す。ここで注意なのはSTEP3を手抜きして、Ctrl+Fをしちゃうと霧にはならないみたい。変形の時は、「開始位置を乱数的に変化させる」を押したほうがよさげ。

smoke-eff06.jpg

※なんか結局うまくいかなかった・・・。
smoke-eff07.jpg

STEP 5

あとは適当にリサイズして合成したり、色を部分的に変えたりとかしてお好みの感じに調整してください。
(これまたセンスがなく微妙なのが出来てしまいました。)

smoke-eff08.jpg

以上。