人気記事

広告

記事検索

MOVION.netについて

WEB技術に関することや、気になるWEBサイトなどについて個人的なメモを残すためのブログです。

その他運営サイト

かかわっているサイト

UbuntuにSubversionとtracのインストール

結構何回か同じことしてるけど、ネットなしでは設定できません・・・。

■参考サイト
Debian GNU/Linux etch に Trac をインストールしてみたよ

Subversion (via mod_dav_svn) + Trac (on mod_python) でオープンソース開発環境の構築 on FC6CommentsAdd Star

■各種インストール(パッケージ)

  1. sudo -s
  2. apt-get install subversion
  3. apt-get install subversion-tools
  4.  
  5. apt-get install trac
  6. apt-get install trac-ja-resource
  7.  
  8. apt-get install libapache2-mod-python
  9.  
  10. a2enmod mod_python
  11. a2enmod rewrite

(※mod_python等を無効にしたい場合のコマンドは、a2dismod)

■テスト用リポジトリ作成

  1. mkdir /var/svn/
  2. svnadmin create /var/svn/testrepos

■テスト用リポジトリに対応したtracを作成

  1. mkdir /var/www/trac/
  2. trac-admin /var/www/trac/testrepos initenv

「Path to repository」では上記で作成したsvnのリポジトリパスを指定。
最後に、「Congratulations!」とでればOK

あと、Apacheの実行ユーザになるようにオーナーを変更

  1. chown -R www-data:www-data /var/www/trac

■tracのユーザ管理

○anoymous権限の変更(というか剥奪)

  1. trac-admin /var/www/trac/testrepos permission remove anonymous  REPORT_DELETE WIKI_CREATE WIKI_MODIFY REPORT_SQL_VIEW TICKET_APPEND TICKET_CHGPROP TICKET_CREATE TICKET_MODIFY

※権限確認
trac-admin /var/www/trac/testrepos permission list anonymous

○全権限を持つユーザの追加

  1. trac-admin /var/www/trac/testrepos permission add akira BROWSER_VIEW CHANGESET_VIEW CONFIG_VIEW FILE_VIEW LOG_VIEW MILESTONE_ADMIN MILESTONE_CREATE MILESTONE_DELETE MILESTONE_MODIFY MILESTONE_VIEW REPORT_ADMIN REPORT_CREATE REPORT_DELETE REPORT_MODIFY REPORT_SQL_VIEW REPORT_VIEW ROADMAP_ADMIN ROADMAP_VIEW SEARCH_VIEW TICKET_ADMIN TICKET_APPEND TICKET_CHGPROP TICKET_CREATE TICKET_MODIFY TICKET_VIEW TIMELINE_VIEW TRAC_ADMIN WIKI_ADMIN WIKI_CREATE WIKI_DELETE WIKI_MODIFY WIKI_VIEW

○パスワードファイルの作成

  1. mkdir /var/trac
  2. htpasswd -c /var/trac/.htpasswd akira

■Apacheとtracの設定

まずは、apacheのvirtualhostを設定。subversionにはsvn+sshとかで接続するので、apacheでの設定はしていません。
vi /etc/apache2/sites-available/trac

  1. <virtualHost *>
  2. ServerName trac.movion.mydns.jp
  3. DocumentRoot /var/www/trac
  4. <Location />
  5. SetHandler    mod_python
  6. PythonHandler trac.web.modpython_frontend
  7. PythonOption  TracEnvParentDir /var/www/trac
  8. PythonOption  TracUriRoot      /
  9. </Location>
  10.  
  11. <locationMatch "/[[:alnum:]]+/login">
  12. AuthType Basic
  13. AuthName "trac"
  14. AuthUserFile /var/trac/.htpasswd
  15. Require valid-user
  16. </locationMatch>
  17. </virtualHost>

一応、部分日本語対応して、apache再起動(reloadでいいはずだけど)

  1. ln -s /etc/apache2/sites-available/trac /etc/apache2/sites-enabled/010-trac
  2. trac-admin /var/www/trac/testrepos wiki load /usr/share/trac-ja-resource/wiki-default
  3. cp /usr/share/trac-ja-resource/templates/* /var/www/trac/testrepos/templates/
  4. /etc/init.d/apache2 restart

疲れたので、プロジェクト作成スクリプトとか、tracの設定とかは次回、の予定。

関連記事

SubvrersionリポジトリとTracプロジェクト作成スクリプト(適当)

add to hatena hatena.comment add to del.icio.us add to livedoor.clip add to Yahoo!Bookmark

Comments

  1. Commented by やくざのやっちゃん — 2008/07/6 日曜日 @ 22:04:56

    さすがあきらっち、TracでPython??
    Rubyやっとる?

    いい会社見つけたんだと勝手に期待するけど、がんばって。
    Groovy On Grailsなら、あきらっちもやるかな?

    まだまだ若いんだから、自分の可能性をせばめないように。

    今年の後半はひがさんのをやりたいなーー。ねぇ、あきらっち? え? やだ?

Comment Feed Comment feed for this entry

Trackback URI :

コメントをどうぞ

段落や改行は自動挿入です。メールアドレスはサイト上では非表示です。